「昨日食べたもの」の画像がない言い訳

やっぱりハマったお題スロット♪

こんなお題まであるんですね。

お題「昨日食べたもの」

 

昨日食べたもの(夕食)は

・ごはん

イカリング(千切りキャベツ、トマトを添えた)

・ちくわの穴の中にきゅうりを切って入れたもの

・レタスとサラダチキンをドレッシングで和えたもの

 

画像もあればいいんだろうけど、私は何か飲んだり食べたりする前に写真を撮ることがない。

ここ数か月は外食していないけど、どんなに美味しそうなお料理で素敵な盛り付けでも食べる前に写真を撮っておこうという気にはならない。

 

考えてみれば、私のスマホには食べ物に限らず自分で撮った写真がほとんどない。

あるのは家族が撮って送ってくれた何枚かの写真だけ。

 

スマホで写真を撮ることが好きだった時期もある。

あくまでも趣味で楽しんでいたことであり、例えばいい景色だから残しておきたいなと思う程度のものだった。

 

ある時、当時開設していたブログ(退会削除済み)にアップしてみようと思いつき、日記のようなものを書いていた。

すると、私がブログを更新するたびに写真に対してコメントしてくる方がいた。

例えば海岸の写真なら「そのまま撮ったらダサい写真になっちゃうから、もっと空の割合を~」みたいな感じで。

 

その方に悪気があったわけではなく「もっとこうすればいい写真になるよ」ということを伝えてくれただけなんだと思う。

けれど何か写真を撮ってブログを更新しそのようなコメントをもらうたびに、次第に写真を撮るのが苦痛になった。

 

どんなに素敵な風景を見かけても、撮って残しておきたいと思うより先に「どんな風に撮るのが正解なんだろう?」と考えるようになった。

何枚撮り直してもダメな気がした。そのうち、どこかへ出かけることさえも楽しくなくなった。こんな気持ちになるなら、もう写真を撮るのはやめようと思った。

 

私は、今日こんなもの食べたよ~とか○○に行ってきました!というような写真がいっぱいのブログを、自分も食べてみたいなと思ったり自分も○○に行った気になったりして見ているのが楽しい。

 

正直いうと、もう一度当時のような感じのブログが書きたいと思ってスマホのカメラを手にしたこともある。けれど、やっぱりダメだった。

 

まだ今みたいに暑くない頃に、久しぶりに行った近場の景色のいい公園で何枚も撮ったけれど、全部削除してしまった。

全部削除したら、当時のようなブログが書きたい気持ちも一緒に消えた。

そして、散歩しながら公園の景色を思う存分に楽しんだ。

 

「昨日食べたもの」から思わぬ方向へ話が行ってしまった。

やはり私は、自分で写真を撮るよりも誰かの撮った写真を見ながら楽しむ方が性に合っているみたいだ。